ダウト、トランプのルール!終わらない戦いへいざ!

Sponsored Link


ダウトは、複数人いる時にトランプを使って遊べるゲームです。3人以上いれば遊ぶことができますが、できれば5人以上のいた方が楽しく遊べます。

伏せたカードを1から順番に置いていって、「ウソだ!」と思ったら「ダウト」と言って、相手のウソを見破る分析力推理力を使って楽しむゲームなのですが、ルールは簡単でもなかなか勝負がつかないことも多く、終わりの見えないゲームという代名詞を持つトランプゲームです。

相手の目を見たり、言うふりをして「ダウト」と言わなかったり、真剣勝負というよりは、その場の雰囲気を楽しみたいときに遊んでみると良いでしょう。

ここでは、ダウトの基本的なルールコツを紹介していきます。

タイトル ダウト
カテゴリ カードゲーム
使う道具 トランプ
利用目的 子供向け,大人向け
必要人数 4人,5人
難易度 ★★
所要時間 20分

Sponsored Link



ダウトのルール

1.

ジョーカーを抜いた52枚のトランプカードを、遊ぶ人数に対して均等に配る。

2.

じゃんけんをして親を決める。親が決まったら、親から始めて時計回りに「A → 2 → 3」と順番にカード裏にしたまま出していく。「K」まで出し終わったら、また「A」に戻る。

3.

順番にカードを出していく時に、このゲームはパスが出来ないので、持ってない番号になっても、あたかもそのカードを持っているかのようにウソのカードを出す。

4.

ウソのカードを出した時に、カードを出した人以外の人は「ダウト!」と言えば、本当に正しいカードを出しているかをチェックすることが出来る。

5.

この時に、もし順番通りの数字(合っていた)の場合は、「ダウト!」を宣言した人が、場に出ているすべてのカードを引き取る。もしも、ウソのカードを出していた場合は、カードを出した人が、場に出ているすべてのカードを引き取る。

チェック!

この時、2人同時に「ダウト!」を宣言した場合は、先に声を出した人が「ダウト!」を行ったことになります。また、ウソのカードを出していて「ダウト!」が成功した場合も、「A」には戻らず、「ダウト!」をした次の数字から、そのままゲームを続けて行きます

6.

誰か一人のカードがすべて出し終わったらゲームが終了となり、カードがなくなった人が1位。持っているカードが少ない人の順番に、2位、3位となります。

ダウトのコツ

ダウトのコツは、持ってないカードをいかに持っているかのように出すかです。また、カードが少なくなってきたら、早めに自分の番がどの番号のカードになるのかを頭の中で計算しましょう。

最後の数枚になった時に、自分の番の時に正しいカードが出せる状態にしておけば、上がれる確率がかなり高まります。


Sponsored Link


この記事が役に立った場合はこちらからシェアしたいただけますと嬉しいです!

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ