影鬼(影踏み鬼)のルール!遊ぶ時の手順はどうする?

Sponsored Link


影鬼は、鬼ごっこのルールのうちのひとつです。正式名称(?)は「影踏み鬼」となります。

日本で古くから伝承されている子供遊戯である「鬼ごっこ」で鬼が子を追いかける時に影を使って遊びます。

子が鬼に影を踏まれたら、その子が鬼になる。というルールは一般的に知られていますが、では実際に遊んでみようとした時に、「影の中に入るのはアリ?」とか、「日向(ひなた)のところのみで遊ぶ遊びなの?」とか、良くわからなくなったり、実はけっこう曖昧だったりしますよね。

そこで今回は、この影鬼の遊び方について、「日向でバージョン」と、「影隠れアリバージョン」の2つのルールを紹介します。

タイトル 影鬼
カテゴリ 外遊び
使う道具 道具なし
利用目的 子供向け
必要人数 3人,4人,5人,6~9人
難易度
所要時間 10分

Sponsored Link



影鬼のルール(日向オンリーバージョン)

1.

じゃんけんをしてだれか1人、鬼を決めます。鬼以外の人はすべて子になります。

2.

鬼は少しまってから鬼役が子の影を踏むために追いかけます。

ポイント

あまり遠くに行ってしまうと、鬼が追いかけるのが大変になるので、待つ時間は3秒、または5秒くらいが良いでしょう。

また、ゲームの特性上、遊ぶ人同士で年齢差があると、鬼の年齢が低い場合に、いつまでたっても捕まえることができなくなってしまいます。

なので、「あそこのブランコまで」など範囲を決めておいて、そのなかで遊ぶと良いですね。そうすることで、多少、一緒に遊ぶ人同士で年齢差があっても、追い詰めることで、鬼が子を捕まえやすくすることができます。

3.

鬼が子を捕まえたら、捕まえられた子が今度は鬼役になる。「捕まえた!」「捕まった!」と。みんなに申告をして仕切り直し、新しい鬼役が数を数えます。(「1」に戻る)

影鬼のルール(影隠れアリバーション)

1.

まず、じゃんけんをして1人、鬼を決めます。鬼以外の人はすべて子になります。

2.

鬼が決まったら子は近くの建物などの影に隠れる

3.

いっせーのせ!」で、合図と共に日向に出て、他の建物などの影を探してそこに入ります。影から影へと移る最中に、鬼に影を踏まれたら負け。その人が新たな鬼となります。

ポイント

影に隠れている時に、鬼に狙われるとそのまま膠着(こうちゃく)状態となってしまうことがあります。なので、事前に「同じ影に隠れていられるのは10秒以内」などのルールを決めておくことをおすすめします。

子が、影に隠れている時に数を数えながら隠れると、鬼が誰を次に狙うかの判断材料となり、面白くなりますよ。

まとめ

今回は、影鬼(影踏み鬼)のルールについて、2パターン紹介しました。

一つは、学校の校庭など、広い敷地で建物の影がない場合や、影が大きすぎる場合。この場合は、日向の中だけで遊ぶ条件にして、遊ぶ範囲も最初に決めておくと良いですね。

もう一つは、車通りの少ない、家の近所などで、複数に分かれた影がいっぱいある場合。この場合は、最初に影に入って、影から影へと映る時に、鬼が子を追いかけるようにすると楽しめます。

影鬼を遊ぼうとした時に、どちらの環境が近いかによって、採用するルールを分けると良いですね。


Sponsored Link


この記事が役に立った場合はこちらからシェアしたいただけますと嬉しいです!

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ