高鬼のルール!普通の鬼ごっこにルール追加でより楽しく!

Sponsored Link


高鬼は、色鬼氷鬼のように、普通の鬼を決めて子を追いかける鬼ごっこに、ちょっとルールを追加した、天気の良い日に子供が遊ぶ時の、外遊びのうちのひとつです。

子供が「鬼ごっこしよう」と提案してきたときに、普通の鬼ごっこに高鬼のように、少しルールを加えることで、子供にとっていつもと違う、新鮮な鬼ごっこのルールで楽しむことができます。

ただ、普通の鬼ごっこにルールがいくつか追加されるので、子供にそれをしっかり理解してもらって遊ぶ必要があります。そこで今回は、この高鬼の遊び方について、みんなで楽しく遊ぶためのルール詳細について紹介します。

タイトル 高鬼
カテゴリ 外遊び
使う道具 道具なし
利用目的 子供向け
必要人数 3人,4人,5人,6~9人
難易度
所要時間 10分

Sponsored Link



高鬼のルール

1.

まず最初にじゃんけんなどをして1人、鬼を決めます。じゃんけんに負けた人が鬼となり、それ以外の人はすべて子になります。

ポイント

高鬼で遊ぶ時は、場所選びが大切です。原っぱなど、高低差がないところでは、高鬼のゲームがルール上、成立しません。

なので、ジャングルジムや遊具のある公園や、校庭解放中の小学校などに行って遊ぶと良いですね。

2.

鬼が10秒数える内に、子は少し高いところを探してそこにとどまります。鬼は、高いところにとどまっている子を捕まえることはできません。なお、鬼が近くにいない時は、子は自由に場所を変えて移動することができます。

ポイント

全員が高いところに避難できてしまうと、鬼は誰も子を捕まえることができなくなってしまいます。なので、子は同じ高いところには、10秒までしかとどまることができない。などの付加ルールを設けておくと良いでしょう。

なお、それだけだと、鬼が10秒後に待ち構えて、すぐ捕まえることができてしまうため、場所チェンジの際に、鬼が子を追いかける時は、3秒、口に出して数える、などの追加ルールを設けておくとよいですね。

3.

鬼が子を捕まえたら、捕まえられた子が今度は鬼役となります。「捕まえた!」「捕まった!」とみんなに申告をして仕切り直し、新しい鬼役がまた10秒、数を数えてその間に子は逃げます。(「2」に戻る)

まとめ

今回は、高鬼のルールについて紹介しました。

高鬼で楽しく遊べるかどうかは、程よい高さ(遊具など)が複数ある場所かどうかが大きいです。なかなか鬼がチェンジしない場合で、人数がけっこういる時は、鬼を複数人にしても面白いですね。

高いところから、高いところへ移動する時には、鬼と子の心理的駆け引きがおこり、遊びに熱中してしまったりしがちです。なので、車通りが多いところなどで高鬼で遊ぶのは控えて、広場などの安全な場所で楽しむようにしましょう。

テンションが高い子だと、木の高いところまで登ってしまったりすることもあるので、十分に気を付けてくださいね!


Sponsored Link


この記事が役に立った場合はこちらからシェアしたいただけますと嬉しいです!

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ