「外遊び」の記事一覧

外遊びのゲームルール一覧です。

花いちもんめのルール!遊び方と歌詞の意味も紹介

花いちもんめは4人以上いる時に楽しく遊べるゲームです。ゲームというよりも昔からある童歌を使った遊びと言った方が正しいですね。 人数は最初に2チームになるので3人と3人に別れられる6人が一番おすすめです。 そんな、花いちも・・・

あんたがたどこさの遊び方!ボールの使い方や歌詞の意味も紹介

あんたがたどこさはボールを使って1人で遊べるゲームです。基本1人で遊ぶゲームとなりますが、2人や3人で友達と一緒に遊ぶこともできます。 あんたがたどこさは「あんたがたどこさ♪」と歌を歌いながらボールや手まりをつく遊びです・・・

手つなぎ鬼のルール説明!アレンジを加えてより楽しく!

手つなぎ鬼は、鬼ごっこのルールのうちのひとつです。 普通の鬼ごっこに加えて、手を繋ぐという要素が入ってきます。なので、人数が多い方がワイワイ楽しめます。 20人近くいると手を繋いだ時に盛り上がるのでおすすめです。 手つな・・・

かごめかごめのルール!歌詞の意味も簡単にご紹介

かごめかごめは5人以上いるときに遊べるゲームです。4人からでも遊べますが、5人以上いたほうが楽しく遊べます。多くても10人くらいがおすすめです。 かごめかごめは、真ん中に鬼が目を隠して座り、その周りを子が手を繋ぎ、童謡の・・・

かくれんぼのルール!起源や名前の由来も紹介

かくれんぼは3人以上いるときに遊べるゲームです。全員を見つけるまで次のゲームには進まないため人数は多くても10人くらいがおすすめです。 かくれんぼは鬼ごっこと並んで遊びの基本にもなっている伝統的な子供の遊びです。鬼が目を・・・

鬼ごっこのルール!アレンジルールを追加でより楽しく遊ぶ工夫を!

鬼ごっこは、3人以上いる時にいつでもどこでも手軽に遊べるゲームです。人数は多くても10人位がワイワイできておすすめです。 鬼ごっこは一人の鬼が子を追いかけてタッチし、タッチされた子が鬼になるとてもシンプルで簡単な遊びなの・・・

ポコペンのルール!楽しく遊ぶコツやポコペンの意味も紹介

ポコペンは3人以上いる時に楽しく遊べるゲームです。木や壁を目印にし、途中から缶けりに似た遊びに発展するのですが道具を使わないのでいつでもどこでも簡単に遊べるのがポコペンの良いところです。 そのため3人から10人未満くらい・・・

だるまさんがころんだのルール!はじめの一歩は大股で!

だるまさんがころんだは3人以上いる時に遊べるゲームです。ルールも簡単ですし、小学生の低学年では授業でもクラス単位で遊ぶことがあるので人数は20人ほどの多人数でも遊べます。 ただし、あまりにも人数が多いと動かない子も出てき・・・

ドロケイのルール説明!牢屋を決めればすぐできる!

ドロケイは4人以上いる時に楽しく遊べるゲームです。逃げる「泥棒」と捕まえる「警察」の2グループに分かれて遊ぶ鬼ごっこの進化版、グループ鬼ごっこです。逆の呼び方でケイドロと呼ぶ地域もあります。 ドロケイの魅力は子供が大人数・・・

缶けりのルール!楽しく遊ぶためのアレンジルールや特徴を紹介

缶けりは3人以上いるときに空き缶を使って遊べるゲームです。2人でもできますが、3人以上いたほうが楽しめます。 逆にあまり多くなりすぎると手持ちぶさたになってしまう人がでてくるので、3人から10人未満くらいの人数がわいわい・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ