子供向けのゲーム一覧(2 / 5ページ)

山手線ゲームのルール!駅名以外のお題でも盛り上がるネタはコレだ!

山手線ゲームは4人以上いる時に楽しく遊べるゲームです。2人、3人でもできますがゲーム性が宴会やコンパなどに向いていて多人数でワイワイできるゲームなので人数は6~9人ほど集まると場の雰囲気が盛り上がります。 山手線ゲームと・・・

かくれんぼのルール!起源や名前の由来も紹介

かくれんぼは3人以上いるときに遊べるゲームです。全員を見つけるまで次のゲームには進まないため人数は多くても10人くらいがおすすめです。 かくれんぼは鬼ごっこと並んで遊びの基本にもなっている伝統的な子供の遊びです。鬼が目を・・・

鬼ごっこのルール!アレンジルールを追加でより楽しく遊ぶ工夫を!

鬼ごっこは、3人以上いる時にいつでもどこでも手軽に遊べるゲームです。人数は多くても10人位がワイワイできておすすめです。 鬼ごっこは一人の鬼が子を追いかけてタッチし、タッチされた子が鬼になるとてもシンプルで簡単な遊びなの・・・

ハンカチ落としのルール説明!3歳児におすすめの簡単な遊び方とアレンジも紹介

ハンカチ落としは4人以上いる時にハンカチを使って楽しく遊べるゲームです。人数は10人近くいるとハンカチをいつ落としたのかわかりにくくなり、わいわいできるので盛り上がります。 ハンカチ落としは子が内側を向きながら地面に円を・・・

手押し相撲の必勝法は?二人の距離やちゃんとしたルールもチェック!

手押し相撲は2人いる時に道具無しで楽しく遊べるゲームです。他にも手押し相撲、バランス崩し、手合わせ相撲、押し相撲などと呼ばれることもあります。 手押し相撲は2人が向き合って手の平を押し合い、相手の態勢を崩した方が勝ちと言・・・

フルーツバスケットのルール!幼児にも分かる簡単なルール説明やその仕方とアレンジも紹介

フルーツバスケットは6人以上いる時に楽しく遊べるゲームです。フルーツの種類でグループ分けをするので人数は多い方がよく、20人ほどいるとみんなでわいわいできます。 フルーツバスケットは、椅子取りゲームの一種で「フルーツバス・・・

椅子取りゲームのルール説明!使う音楽の名前やアレンジルールも紹介

椅子取りゲームは4人以上いる時に椅子を使って楽しく遊べるゲームです。4人ほどの少人数でも遊べますが人数は多い方が楽しめるため、小学校の1クラスみんなで遊んぶとわいわいできて楽しいです。しかし、おすすめは10人くらいが理想・・・

ポコペンのルール!楽しく遊ぶコツやポコペンの意味も紹介

ポコペンは3人以上いる時に楽しく遊べるゲームです。木や壁を目印にし、途中から缶けりに似た遊びに発展するのですが道具を使わないのでいつでもどこでも簡単に遊べるのがポコペンの良いところです。 そのため3人から10人未満くらい・・・

だるまさんがころんだのルール!はじめの一歩は大股で!

だるまさんがころんだは3人以上いる時に遊べるゲームです。ルールも簡単ですし、小学生の低学年では授業でもクラス単位で遊ぶことがあるので人数は20人ほどの多人数でも遊べます。 ただし、あまりにも人数が多いと動かない子も出てき・・・

ドロケイのルール説明!牢屋を決めればすぐできる!

ドロケイは4人以上いる時に楽しく遊べるゲームです。逃げる「泥棒」と捕まえる「警察」の2グループに分かれて遊ぶ鬼ごっこの進化版、グループ鬼ごっこです。逆の呼び方でケイドロと呼ぶ地域もあります。 ドロケイの魅力は子供が大人数・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ