七並べ、トランプのルール!対戦時のコツは?ジョーカーは使う?

Sponsored Link


七並べは、トランプで遊べるオーソドックスなゲームの1つです。4つのマークの7を中心に連続した数字の列を作っていくゲームで、小学校に上がる前の子供と一緒でも、教えながらゲームを楽しむことができます。

ゲームの特性上、2人だと相手の持っているカードがわかってしまうので、3人から5人くらいで遊ぶのがオススメです。子供を交えて家族で遊ぶときなど良いですね。

基本的には、ジョーカーは抜いて52枚でプレイするが通常ルールですが、ジョーカーを入れるバージョンでも遊ぶことができます。その場合は、少しルールが複雑になるので、小学生以上を対象にしたほうが良いでしょう。

ここでは、七並べの基本ルールと、ゲームを遊ぶコツ、ジョーカー有りバージョンのルールなどを紹介していきます。

タイトル 七並べ
カテゴリ カードゲーム
使う道具 トランプ
ジャンル
必要人数 , ,
難易度
所要時間

Sponsored Link



七並べのルール

1.

ジョーカーを抜いた52枚のすべてのトランプカードを、同じ枚数ずつみんなに配ります。

2.

カードを配り終わったら、7のカードを持っているかを見て、持っている場合は7のカードを縦に並べて、場にダイヤ、スペード、ハート、クローバー、4枚すべてを出します。

3.

じゃんけんをして、親を決めます。

4.

じゃんけんで勝った人が親となり、親の左隣の人から、持っているカードより7と隣り合う数字を、同じマークで並べていきます。(最初は各マークの6か8)

出せるカードが無い場合は「パス」をします。この時に出せるカードがあっても戦略的にパスをすることもできます。パスは1回のゲームで3回まで出来ます。

5.

パスが3回を超えてしまった人は、その場で失格となり、歯抜けでOKなので持っているカードすべてをそのカードが並ぶべき場所に置きます。

残っている人でまだカードが出せる人はそのままゲームを続けます。失格した人のカードは飛び飛びに並びますが、間が空いているうちは、その続きのカードは出せず、飛び飛びのカードまでつながったら、その先が出せるようになります。

6.

最終的に、自分の手持ちのカードが一番早くなくなった人が勝ちとなります。

七並べのコツ

七並べのコツは、カードが配られた時に持っているカードが有利か不利かを把握することです。7の付近のカード、5、6、8、9あたりを持っていると、有利となり、逆に1、2、Q、K、を最初に多く持っていると不利になります。

7の付近のカードを持っているのであれば、あえて出さなければ、他の人は7より前のカードを置けなくなります。状況をみて、上がりそうな相手がいたら、持っているのにパスする、というのも戦略のうちの1つです。

ジョーカー有りのルール

七並べの少し変わったルールとして、ジョーカーを一枚混ぜて遊ぶ方法があります。ジョーカーの使い方は、自分が持っていないカードを間に挟んで、1つ先のカードを出すことができます。

たとえば、ハートの6が場に出ていた場合、ジョーカーを出してハートの4を出すことができます。するとハートの5を手札に持っている人は、自分がそのカードを出したときに、ジョーカーを受け取らなければいけなくなります。

勝利条件は基本ルールと同じ、先に手札がなくなった人となりますが、絶えずジョーカーが誰かの手に渡るため、通常の七並べよりも盛り上がります。

なお、手札が全部なくなったとしても、最後にジョーカーを持っていたら、その人は負けとなります。


Sponsored Link


この記事が役に立った場合はこちらからシェアしたいただけますと嬉しいです!

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ