大富豪、トランプのルール!基本的な遊び方はコレ!

Sponsored Link


大富豪は3人~5人程度でトランプを使って遊べるゲームです。「大貧民」というゲーム名で呼ばれることもありますが、基本的には同じゲームを指します。少しルールが複雑ですが、1度覚えれば、白熱したトランプゲームを楽しむことができます。

大富豪には、さまざまなローカルルールが存在しますが、ここでは当サイト管理人が「基本的なルール」として考えている簡単な遊び方を紹介します。順を追って紹介していきますが、少しルールが複雑なため、「チェック!」の部分で細かいルールを挿入しながら紹介していきます。

また、このゲームは1回ゲームが終わった後に、もう1度ゲームを遊ぶとき、勝った人が有利になるルールが存在し、それが「大富豪」というゲーム名の由来になっています。

まずは、一番最初に覚えておくべき、「カードの強さ」からみていきましょう。それではどうぞ!

タイトル 大富豪
カテゴリ カードゲーム
使う道具 トランプ
利用目的 子供向け,大人向け
必要人数 3人,4人,5人
難易度 ★★★★
所要時間 30分

Sponsored Link



最初に覚えておくべきルール

カードの強さ

大富豪には、カードが持つ強さがあります。

強さはトランプのマークではなく、数字の数できまります。

強さの順番は3が一番弱く2が一番強くなります。

以下のカードの強さの順番をまず最初に覚えておきましょう。

    3 → 4 → 5 → 6 → 7 → 8 → 9 → 10 → J → Q → K → A → 2 → ジョーカー

                弱い ⇔ 強い

チェック

ジョーカーは1枚で出すと一番強くなり、他のカードと組み合わせて2枚(もしくは3枚、4枚)にすることができます。たとえば、ハートの10とジョーカーを一緒にだすと、ハートの10を2枚だしたことにできます。

バッチリ覚えましたか?

それでは、さっそく大富豪のルールについて説明します。

大富豪のルール

1.

まずジョーカー1枚を含むトランプ53枚を遊ぶ人全員に均等に配ります。

2.

配り終わったら、ジャンケンをして、勝った人からカードを出します。

チェック

最初にカードを出す人は、なるべく弱いカードを出したほうが良いですね。

なぜならば、このゲームはカードが最初になくなった人の勝ちとなるので、最後まで弱いカードを持ってると、あがれない可能性が高くなるためです。

チェック

なお、最初に出すカードは、1枚だけではなく、2枚や3枚同時に出すこともできます。その場合は、次以降の人も、最初の人が出したカードと同じ枚数を出さなければいけません。

たとえば、最初の人が「5」のカードを2枚出したら、次の人は「6」以上のカードを2枚セットで出す必要があります。この際、2枚セットで「6」以上であれば問題ないので、「7」を2枚や、「9」を2枚出すことも可能です。

3.

最初の人がカードを出したら、時計回りに場に出されているカードより「強いカード」を出していきます。

チェック

勝負が進んで、手持ちのカードが出せなくなったときは、「パス」をして、カードを出さないことができます。なお、パスの回数には制限はありません。

チェック

手持ちのカードが出せるのに、戦略上「パス」をすることも可能です。たとえば、2枚や3枚をまとめて持っている場合は、相手が1枚しかない場合は、そのまま持っていることで有利になることもあります。

4.

他のプレイヤーが全員パスをして、場に最後にカード出した人の順番が再度まわってきたら、今度はそのプレイヤーが「」となります。新しく「親」になった人は、その場を流して、最初に自分の好きなカードを出すことができます。

5.

1~4を繰り返して、最初に手持ちのカードがなくなった人が「大富豪」になります。

勝敗が決まった後のカード交換

大富豪では、1位が決まったあとも、勝負を続けます。2番目にあがった人、3番目に上がった人を覚えておき、一番ビリの人は「大貧民」になります。

大貧民の人は、大富豪の人に、一番強いカードを渡します。対して、大富豪の人は、大貧民の人に、弱いカードではなく、自分が一番「いらないな。」と思うカードを渡すことができます。

渡すカードの枚数は、遊んでいる人数によって変わってきますので、以下の表を参考にしてくださいね。

3人で遊んでいる場合
1位 大富豪 いらないカードを1枚、大貧民に渡す
2位 平民 カード交換なし
3位 大貧民 一番強いカードを1枚、大富豪に渡す
4人で遊んでいる場合
1位 大富豪 いらないカードを2枚、大貧民に渡す
2位 富豪 いらないカードを2枚、貧民に渡す
3位 貧民 一番強いカードを1枚、富豪に渡す
4位 大貧民 強いカードを上から2枚、大富豪に渡す
5人で遊んでいる場合
1位 大富豪 いらないカードを2枚、大貧民に渡す
2位 富豪 いらないカードを1枚、貧民に渡す
3位 平民 カード交換なし
4位 大貧民 一番強いカードを1枚、富豪に渡す
5位 大貧民 強いカードを上から2枚、大富豪に渡す

6人以上で遊ぶ場合は、上位2名が「大富豪」と「富豪」、下位2名が「大貧民」と「貧民」になり、真ん中の平民が増えます。

大富豪の特殊ルール

さて、大富豪には、上記で説明したルールのほかに、「革命」など特殊なルールが存在します。

特殊ルールは地域によっては、数多くのルールが存在するために、ここでは「これははずせない!」というルールだけを紹介していきます。

革命(カクメイ)

大富豪ではずせない特殊ルールの一番手はこの「革命」。

革命は、スペード、クローバー、ダイヤ、ハートで、同じ4枚のカードをいっぺんに出したときに発動します。

この革命が起きると、カードの強さがまったく逆転します。

    2 → A → K → Q → J → 10 → 9 → 8 → 7 → 6 → 5 → 4 → 3 → ジョーカー

                弱い ⇔ 強い

ただし、例外として、ジョーカーだけは一番強いままとなります。

8切り(ハチキリ)

大富豪のルールでは、弱いカードから強いカードを順々に出していく決まりですが、唯一、この「8」を出したときだけ、「8切り(ハチキリ)」として、8を出した人が親になれる決まりがあります。

これにより、大貧民となって、弱いカードしかない場合でも、切り札として8を上手に使い、次の回で大富豪を目指すことが可能になります。

スペ3(スペサン)

もう1つが「スペ3(スペサン)」というルールです。革命が起きていない場合、最弱のカードとなるのが3です。

しかし、スペードの3のみ、ジョーカーが場に1枚で出されたときだけ、それより強いカードとして出すことが可能となるルールです。

なお、ジョーカーに対してだけ強く、それ以外ではやはり最弱です。たとえば、「A」や「2」の後にだすことはできません。

禁止上がり(キンシアガリ)

禁止上がり(キンシアガリ)」は、最後に出してはいけないカードがある決まりです。出していけないカードは最大4パターンです。

  • 2 (革命中の場合は3)
  • ジョーカー
  • スペ3 (スペ3のルールを適用時)
  • 8 (8切りのルールを適用時)
  • このルールにより、上がるときに手元に残す最後のカードに気をつけなければいけなくなります。たとえば、「8」と「2」しかもっていない場合、禁止上がりのルールを犯してしまうため、その時点でペナルティとして大貧民が確定します。

    たとえば、「8」と「A」の2枚を持っている場合は、「8」を出してから「A」であがれば、ルール違反にならず、一番最初にあがれば大富豪となれます。

    まとめ

    今回は、みんなで遊べるトランプゲーム、「大富豪(大貧民)」のルールについて紹介しました。

    6人、7人でも遊ぶことはできますが、カードを複数枚で出すことが難しくなるため、3人~5人くらいがおすすめです。革命が起こる確率も上がりますし。

    今回は、基本的なルールについて紹介しましたが、大富豪には多くのローカルルールも存在します。少し変わった遊び方をしたい場合は、このローカルルールをいくつか取り入れて遊んでみてくださいね。

    小さい子供も一緒に覚えながら遊ぶ場合は、ローカルルールを取り入れすぎると、複雑すぎて覚えられなくなってしまうので、まずは今回紹介した基本ルールであそんでみましょう。


    Sponsored Link


    この記事が役に立った場合はこちらからシェアしたいただけますと嬉しいです!

    こんな記事も読まれています

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ