あっち向いてホイのルール!英語でトライしてみませんか?

Sponsored Link


あっち向いてホイは2人以上いる時に遊べるじゃんけんから派生したゲームです。

何かを決めるときに使われるのはじゃんけんです。ですが、遊ぼうとなったときはそれだけだと簡単すぎますよね。子供が遊ぶときなどに、じゃんけんにもう一工程プラスしたじゃんけん、それがあっち向いてホイです。

このあっち向いてホイは日本発祥のゲームですが、子供が英語を勉強するときや海外の方と交流を深める際によく使われているので英語バージョンも覚えておくと便利です。

今回はこの、あっち向いてホイの基本的なルールや、英語での遊び方、より楽しく遊ぶためのコツついて紹介します。

タイトル あっち向いてホイ
カテゴリ じゃんけん
使う道具 道具なし
利用目的 子供向け
必要人数 2人
難易度
所要時間 5分

Sponsored Link



あっち向いてホイのルール

1.

2人で向かい合ってじゃんけんをします。

じゃんけん

2.

勝敗が決まったら「あっち向いてホイ!」の掛け声と共に、勝った方は上下左右のいずれかを指差します。

3.

負けた方は上下左右いずれかへ顔を向けます。

あっちむいてホイ

4.

方向が一致したら指を差した方の勝ち。一致しなければじゃんけんからやり直しになります。

あっちむいてホイ

ポイント

「じゃんけんぽん」「あっち向いてホイ!」この2つの掛け声をリズムよく言うことでテンポよく遊べます。

あっち向いてホイの英語版にトライ

英語は日本語と違い、じゃんけんぽんの掛け声が「グー、チョキ、パー」になります。

Rock,scissors,paper!
(じゃんけんぽん!)

また、あっち向いてホイの掛け声は

Look to the left!(左)

Look to the right!(右)

Look to the sky!(上)
(Look to the up!)

Look to the ground!(下)
(Look to the down!)

このように「left、right、sky(up)、ground(down)」などを使います。

ただ、「left、right」などはテンポが崩れやすいので、一貫して「Look that way!」や「One, two, three!」という掛け声にした方がリズムよくできるでしょう。

チェック

Rock,scissors,paper!
(じゃんけんぽん!)

Look that way!
(あっち向いてホイ!)

楽しく遊ぶためのコツ

ここからは、ルールのバリエーションを増やして、より楽しくするコツを紹介します。

掛け声のスピードを変える

一定の速度で「じゃんけんぽん」「あっち向いてホイ!」を言うとリズムよくできるのですが、これを速くしたり遅くしたりすると面白いです。

速くすれば引っかかりやすく、遅くするとスローモーションのような感じになって楽しいのでぜひ試してみてください。

指差す方向を増やす

通常は上下左右の4方向ですが、ここに斜め方向を加えて8方向にしたり、正面を加えて9方向にする事もできます。

ホイの回数を増やす

あっち向いてホイ!」の後にもう一度「ホイ!」を入れて2度やることで更に心理戦を交える事ができます。

1度目のホイから2回目に方向を変えたり、2回目のホイの時だけ指を差したりすると楽しいです。

まとめ

今回は、あっち向いてホイのルールや遊び方を紹介しました。

とてもシンプルですが、なかなか勝負が決まらない時もあります。でも、それこそがこのゲームの醍醐味です。

楽しく遊ぶためのコツでお話した内容もぜひ取り入れて遊んでみてください。バリエーションが増えると更に難易度が上がるので楽しめますよ。

また、英語版を一度はトライしてみてほしいです。「Look that way!」ではなく「left、right、sky(up)、ground(down)」などの簡単な英語を覚えるためにも使えるので勉強になります。

日本語に比べて少しニュアンスが違うので最初に決めておき、リズムよく言うのがポイントです。
英語バージョンで斜めなどを入れたらもっと楽しそうですね。

ぜひ、今回紹介した基本的なルールと英語バージョンで遊んでみてくださいね。


Sponsored Link


この記事が役に立った場合はこちらからシェアしたいただけますと嬉しいです!

こんな記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ